イタリア料理の歴史について

MENU

イタリア料理の歴史について

イタリア料理とは、イタリアで発祥した料理法で、その歴史は古く、古代ローマ帝国の時代にさかのぼります。
当時のローマ人は、とにかく食事をする時間を大切にし、料理人が腕を競った結果、優れた食文化が誕生しました。
またイタリア料理は、世界三大料理の1つでもある、フランス料理の原型にもなった料理です。

 

私たち日本人がイメージするイタリアンとは、オリーブ・オイル、バジル、トマトを使用する料理です。
確かにそれは、間違いではありませんが、厳密に言えば、イタリアの中でも南イタリア料理の特徴です。
トマトが広まったのは16世紀以降です。
トマトがイタリアンに使用される事で、
それまで見た目が質素だったイタリアンが、華やかになったと言われています。

 

イタリア料理は、地域にとって、特徴が大きく異なります。
北イタリアでは、フレンチ料理に近く、バターや生クリームを使用した料理が多くなります。
北アフリカに近い地域のシチリアでは、
クスクスやアランチーニなど、アラブ系の料理の文化が入ってきています。

 

そして、イタリアンの代表ともいえるパスタは、
イタリア各地で人気があり、地域によって味付けが異なります。
そのため、パスタと一言でいっても、その面の形から、
調理方法、味付け、具材など実にバラエティが豊富なのです。

 

イタリアンが、日本でなぜこんなに人気があるのかというと、
イタリアも日本と同じく海に囲まれた地域です。
そのため魚介類が豊富で、魚介類を用いた料理が多いのです。
また素材を生かした素朴な料理が多いのも特徴です。

 

和食もまた、素材を生かした味付けや、肉よりも魚中心の食文化のため、
イタリア料理が舌に馴染みやすかったのでしょう。