イタリアンのマナーの注意点

MENU

イタリアンのマナーの注意点

 
食事のマナーが身についていなければ、
一緒に食事をする人を不愉快にさせてしまったり、恥をかかせてしまうかもしれません。
そのため、和食のマナーとは異なる、イタリアンのマナーの注意点を紹介したいと思います。

 

まず食事の際に、乾杯をします。
これは日本でも乾杯はしますが、日本人はグラスを見て乾杯をします。
しかしこの行為は、イタリアでは失礼にあたります。イタリアでは必ず相手の目を見て、乾杯をするからです。
テーブルの席が離れていて、グラスが届かない場合は、
グラスを目の高さに持ち上げて、相手の目を見て乾杯して下さい。
イタリアでは、レストランに限定されず、家庭で食事をする時もナフキンを使用します。
イタリアンは、トマトソースなど、口元や洋服が汚れやすいので、ナフキンは欠かせない存在なのです。
そしてイタリアンでは、ナフキンはなるべく汚さないように使うのではなく、むしろどんどん使いましょう。
ナフキンが汚れている事が、「料理が美味しかった」という褒め言葉の意味を兼ねているからです。

 

日本では蕎麦やラーメンは、すする事が美味しい食べ方と言われています。
しかしパスタは、絶対にすすってはいけません。
日本人は無意識に、すすってしまいがちなので、食べる時には注意してください。

 

またイタリアンのコースの終わりにはエスプレッソコーヒーが出されます。
これは食事の終わりの合図となります。
日本人のように、食後にコーヒーを飲んで、長居するのはマナー違反の行為になります。

 

食事の細かいマナーなんて、気にせずに美味しく食べたいという人もいると思います。
しかし、食事とは、その国の文化を知る事でもありますから、
郷に入れば郷に従えというわけで、マナーも一緒に味わいましょう。