お肉が主役のイタリアン

MENU

お肉が主役のイタリアン

 
イタリアンといえば、パスタやピザなど小麦粉を使った料理が多いと思われがちです。
確かにパスタやピザはパーティーなどでも大活躍する料理ですが、
それだけで満足してしまってはイタリアンの美味しさの半分も楽しめていないことになります。

 

イタリアンワインには、お肉を使った料理が良く合います。
今回は、イタリアンレストランや居酒屋を訪れたときにぜひ注文していただきたいお肉料理を見ていきましょう。
最初にご紹介するのは、コラテッラという子羊や子ヤギの内臓を炒めた料理です。
牛よりも小さなサイズの動物から取った心臓や肺、レバー、小腸といった
部位をオリーブオイルやラードで炒め、レモン汁などで味付けします。
日本でいうホルモン炒めのような料理ですから、お酒に合うのも納得です。
アクセントとしてトウガラシや玉ねぎを加えることもあります。
あっさりとした風味なので赤ワインよりも白ワインと合わせて食べてみましょう。
続いて見ていただきたいのが、サルティンボッカという牛肉と生ハムを使った料理です。
薄く切った牛肉とセージの葉、生ハムを爪楊枝でまとめます。
それをバターで熱したフライパンで軽めに焼き、レモン汁と白ワインで味を整えるのです。
生ハムには味が付いていますから、牛肉にはそこまで調味料を付けなくても美味しくいただけます。
作るのも簡単なので、イタリアンレストランや居酒屋はもちろんのこと、ご自宅でもぜひお試しください。
最後にご紹介するのは、スピエディーニというお肉の串焼きです。
日本のバーベキューのような感覚で様々な具材を串に刺します。
バーベキューと異なるのは、レモン汁やマスタードを付けながら食べる点です。

イタリアン料理店でピザやパスタばかり食べていたという人は、ぜひお肉料理もご堪能ください。