魚が主役のイタリアン

MENU

魚が主役のイタリアン

イタリアは周囲を地中海に囲まれた半島や、その周囲の島々で構成された国家です。
島国である日本と同様に、イタリアでも海の恵みを活かした食文化が発展してきました。
ピザやパスタといった定番のイタリアンも美味しいですが、
イタリアンンを提供するレストランや居酒屋を訪れたら、ぜひ季節の魚を使った料理に挑戦してみましょう。

 

特におすすめしたいのが、ズッパディペッシェという魚のスープです。
日本では魚を刺身で食べることが多いですが、イタリアでは昔から火を通して食べるのが一般的でした。
そんなイタリアの沿岸部に住む人々にとって、ズッパディペッシェはまさに家庭の味です。
オリーブオイルとニンニクを炒めた鍋に捌いた魚を入れて、火が通ったら貝類や野菜を加えます。
炒めた具材に水を加え、煮立ったらオリーブオイルや塩コショウ、ワインで味を整えたら完成です。
魚や野菜は、その季節に獲れた新鮮なものを使います。
ズッパディペッシェはお腹がいっぱいになるだけでなく、季節も感じられる魚料理なのです。
イタリアにはスープだけではなく、漬物のような保存食にして魚を食べる文化があります。
その代表例がカルピオーネです。
作り方は、まずイワシなどの骨ごと食べられる魚を素揚げしておきます。
イワシを漬ける液は、オリーブオイルやビネガーで野菜を炒め、そこに砂糖を加えたものです。
その液体に素揚げした魚を漬けて、数時間たてば完成です。
ワインにもピッタリですし、南蛮漬けのような風味がするのでとても食べやすい料理です。
お肉料理やピザ、パスタだけではなく、お魚が主役のイタリアンもぜひ食べてみてください。