マルゲリータとスパーリングワイン

MENU

マルゲリータとスパーリングワイン

イタリアン料理の中でも、日本人にとって、
ピザが最も人気のメニューだと言えるでしょう。
 

 

庶民的な食べ物で、シンプルで美味しい上に、
リーズナブルな価格でお腹がいっぱいになります。

 

そして栄養価も高く、消化しやすい食べ物なので、
世界中で食べられています。

 

そしてそんなピザの中でも、
1、2位を争うほど人気のピザが、マルゲリータです。

 

マルゲリータは、生地の上にトマトと、
モッツァレラチーズ、オイル、バジルをのせて焼く、非常にシンプルなピザです。
しかし、シンプルなピザだからこそ、ピザの本質が問われます。

 

そのため、マルゲリータが美味しいお店は、
他のどの種類のピザを注文しても美味しいと言われ、
基準となるピザだと言えます。

 

その名前も、イタリア王妃マルゲリータに由来すると言われるほど、
イタリアを代表とする食べ物なのです。

 

ピザの具材が、トマトソースの赤、バジルの緑、
モッツァレラチーズの白と、イタリアの国旗を表現しています。

 

では、そんなピザのマナーを紹介しましょう。
家なら、手づかみでも構いませんが、
お店で食べる時は、ナイフとフォークで食べるのがスタンダードな食べ方です。

 

何しろ、ピザは熱々の状態を食べる事が大事で、
イタリア人はピザが運ばれてくると、脇目もふらずに食べると言われるほどです。

 

なので、手づかみだと熱いので、ナイフとフォークで食べましょう。

 

そして、最初に全部カットするのは、NGです。
カットした方が早く冷めてしまうので、たべる分だけその都度カットします。

 

マルゲリータのお供に飲みたいお酒は、イタリアン料理なので、
やはりワインとの相性が抜群です。

 

ワインの中でも、濃厚なチーズを食べた後は、
口の中をさっぱりさせるため、スパーリングワインがオススメです。