いろいろアレンジ可能なカプレーゼ

MENU

いろいろアレンジ可能なカプレーゼ

カプレーゼは、カプリ島のサラダという意味の言葉で、
イタリアンの人気メニューの1つです。

 

イタリアンの定番、トマトとバジル、モッツァレラチーズを材料に、
塩やオリーブオイルでシンプルに味付けしたサラダの事です。

 

トマトとモッツァレラチーズをカットして、
重ねるだけなので、簡単に調理する事が出来ます。

 

また積み重ねてミルフィーユ風にするなど盛り付け方次第で、
非常に見た目が華やかなサラダになります。
なので、パーティメニューにオススメです。

 

カプレーゼを使って、いろいろなアレンジも楽しめます。
例えば、トーストしたバケットの上に、
カプレーゼをのせれば、ブルスケッタの完成です。

 

冷やして食べるのが一般的ですが、サラダをスープにアレンジして、
熱々にして食べても美味しく頂けます。

 

パスタの麺と絡めるだけで、冷風パスタに変身します。
材料がシンプルだからこそ、アレンジが効き、
どんな料理にも合わせやすいと言えるでしょう。

 

イタリアンの前菜は、必ずサラダであるとは限りません。
もともと、イタリアンの前菜は、アンティパストと言い、
言葉の意味は、食欲を高める料理という意味です。

 

そのため、カプレーゼ以外にも、カルパッチョやマリネ、
ブルスケッタなども前菜扱いになります。

 

そしてイタリアンは日本料理と似た部分があり、
特に魚を生で食べる料理は、
世界でも日本やイタリアぐらいではないでしょうか?

 

カルパッチョやマリネには、新鮮な魚介類が生で使用される事が多く、
ワインももちろん合いますが、日本酒と組み合わせても美味しく頂けるでしょう。
おしゃれな雰囲気の居酒屋。お忍びダイニング たくみ