テーブルマナーはフレンチとイタリアンでは違うの?

MENU

テーブルマナーはフレンチとイタリアンでは違うの?

日本のイタリアンのお店には、高級店からカジュアル店まで数多くあります。
高級イタリアンをデートなどで利用される際には、テーブルマナーにも注意を配りましょう。
イタリアンはフランス料理の元となっているとも言われていますが、
テーブルマナーにはそれぞれ違いがあります。

 

イタリアンでは、フォークを右手に持ち替えてはいけません。
しかし、フォークの背中に料理を乗せて食べるのは良いとされています。
フレンチではフォークをもちかえても良いですが、フォークの背に料理をのせるのはマナー違反です。

 

イタリアンでは、料理を食べ終わった際にナイフとフォークを身体と垂直になるように縦にして並べます。
フレンチでは、食事が終わったら時計の3時の位置に身体と並行になるように横向きにして並べておきましょう。
イタリアンでは、スープは手前から奥にスプーンを運ばせすくって食べます。
スープの量が少なくなってきたら、皿の手前側を少し浮かせて飲みやすくします。
フレンチではスープは奥から手前にすくい、皿の奥側を浮かせて飲みやすくします。

 

イタリアンでは、パンの食べ方は一口大にちぎったパンを塩を少し入れたオリーブオイルに浸して食べるようにしましょう。
また、ソース類をパンにつけるのも問題ありません。
しかし、フレンチではちぎったパンにバターナイフでバターをつけてひと口でいただきます。
基本的には、スープが終わってからデザートの前までパンを食べれます。
また、ソースをパンにつける際にはパンをフォークに軽く刺してからソースを付けていただきましょう。

 

イタリアンのサラダは、ご自身で塩やバルサミコ酢、
オリーブオイルをかけて味付けします。
どちらも、パスタやスープは音をたてないように食べましょう。